霊園選びの注意点

墓前で手を合わせる

霊園を選ぶ際の注意点は、利用上の注意点やルールといった規定をよく理解し契約することです。

霊園によっては墓石についても指定の石材店があり、個人的に別の業者を利用することができないことがあります。もし、事前にすでに他の業者と契約をしてしまっている場合は特に気を付けなくてはいけません。また、宗教の制限や遺骨の有無によって申込みに制限があるところもあります。これら規定を事前によく理解しておかなければ、使用を認められなくなったり、墓所の返還を求められることもありますから、注意が必要です。

霊園のメリット
霊園には民営と公営の二種類があり、どちらも重要なメリットがあります。

共通するメリットは宗教に関係なく申し込みが行なえることです。制限されてしまうと契約や必要な資格が限られてくるので大きなメリットといえます。
公営では墓地の使用量が安く設定されているので永続して利用することや、管理費も安いので経済面を考慮することなく利用が出来ます。
民営では申し込みの際に必要となる資格が制限されていないので誰でも利用が出来るようになっていることです。

墓石の必要性について

遺骨を持つ女性

時代の流れなのでしょうか?「墓石は不要です。」と考える人々が増えてきています。葬式は家族葬のような簡単なお葬式で済ませてしまい、お墓は「霊園」という大きなお墓の形をした公園で供養する人々が増えてきています。

供養の仕方は人それぞれで、墓石を持つことは石の購入費や管理維持費の事を含めると費用は大変です。ただ、自分自身だけでなく、今まで助けてくれた大切な家族を守る為にも、「形」として持つことは必要です。

霊園の概要
広い土地につくられた共同墓地のことです。
一般的な寺院墓地との違いは、入檀料などが必要ないことと宗教宗派に関わりなく利用できる点が挙げられます(ただし寺院墓地では住職による祈願が日々行われていますが、一般の霊園ではそれがありません)。

種類は、公営と民営があり、公営は価格が安く応募者が多いため利用者は抽選で決まりますが、民営は年間管理費を支払えば誰でも利用できます。
また多くの葬儀社では、霊園や墓石の紹介・販売なども行っています。

墓石の概要

セピア、墓石

墓石とは、墓を建てる際に用いる石材のことです。御影石や安山岩など、日本各地で産出されたものや、海外から輸入された石材を加工したものです。最近は、石以外に鉄や樹木などを墓石とする場合もあります。家族葬など新しい葬儀のスタイルが取り入れられていることと同様に、好まれる墓のデザインは時代によって変化しており、デザインの自由度は拡大しています。

墓を建てる場合は、霊園や墓地によってサイズなどが規定されていることも多いので、事前に確認が必要です。

墓石の種類
墓石にも様々な種類があり、最も一般的なのは、和型タイプです。シンプルで霊園でも最も多い形のお墓であり、低価格で建墓が可能です。また、これに並んで人気があるのが、洋型タイプで、シンプルなものから、デザインタイプに近い装飾のお墓まで、多くの種類があり、比較的低価格で建墓できます。

他には、オーダーも可能なデザインタイプ、石種にこだわる和型高級タイプ、歴史のある形の和型五輪塔タイプがあり、石の色も含めると、多種多様な墓石を選ぶことができます。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930